タグ別アーカイブ: 起業

河本真(Mr.Mのビジネスモデル)を徹底分解!

よくインスタのメッセージで

「何のお仕事をされているのですか?」

と聞かれる。

昔は、これだ!と答えられたが今は、難しい。

これは格好つけているわけではなく、
代弁する日本語が見つかっていないからで
ある。

なので、僕の語彙不足だ。(いつもながら
すいません。。)

ただ、僕は、2012年からずっと、午前中
しか働かないようにしているし、その時間
だけで膨大な未来を作ったように思える。

これに関しては、私自身の主催している
ビジネススクールでシェアしているが、
基本的には、「ロングターム」のビジネス
しか行わないようにしている。

僕の性格がコツコツ積み重ねていくスタンス
なので、ただ、いわゆる突発的なブームのもの
を取り入れても、毎日が焦らされるばかりで
クリエイティブなものにはならないので、
長く続けられるものしか行っていないのだ。

よく、経営者の方から

「マーケットイン派ですか?プロダクトアウト派ですか?」

とも質問を頂戴するが、どちらでもあるし、
どちらでもない。

僕のような中小企業は、ニッチでしか永続性は
得られないので、マーケットインしていたら、
「競争」にしかならないのだ。

基本的にリサーチして出るデータは、意識的な
データであり、人々が意識的に察知している問題や
ニーズだ。

だから、僕はデータは参考にはするが当てには
しない。

僕が狙っているのは「無意識ニーズ」だ。

実は、人の本当の悩みやニーズは、実は、本人が
気づいていないところにあるのだ。

また、ハマるものも含めて。

僕は、常に、ここを意識的に見て、無意識が求めている
ものをビジネスにしている。

なので、超ニッチであるし、極めて、持続性が高いし、
ハマるのだ。

なので、僕が作った市場は毎回、真似されるが、僕の
コアなスキルである無意識理解は、だれも真似できない。

そして、最近は、そのフィールドを自分よりパッションが
ある方に譲れるようになってきたので、また、フィールドが
たくさん広がってきた。

ワクワク。センスある方が集まる仕組みが作れると
このフィールドはどんどん広がっていきます。

また、ビジネススクールでこの当たりたっぷり、シェア
しますね。お楽しみに。

もみあげ大魔王は明日で卒業より

追伸;

「え、河本さん、このポストは、そのビジネススクール
への勧誘ですか?」

ええ、そうです。あと目的は、ビジネスに興味ある方を
引き寄せたいからドカーンと書きました次第です。

ただ、URLも何も書いていないので、入れませんね。
ええ、困りました。

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

 

ありがとうの気持ちで最高のモチベーション剤

もうじき、3月9日が近いこともあり、また機内で

時間が出来たので、タップリ今を形成するキッカケに

なった人たちをタップリ、思い出し味わってみた。

 

最近、この時間がちょっと僕の中で減っていたのだが、

久しぶりにたくさんの想いに触れられることが出来て、

またまた大きな意味での充電が出来た。

 

一時期は毎日のように見ていた秘密のメールボックスが

ある。僕の両親や僕の先生、そして、友人、知人から

もらった大事なメールを保存してあるボックスだ。

 

久しぶりにこのフォルダを開いたが、涙が止まらなかった。

 

自分の駆け出しの頃の気持ちを、いろいろ思い出し、

何より、自分の決意を思い出しました。

 

僕にとってずっとどこかで目指していたのは

 

「親父が安心して心から自慢できる男になること」

 

でした。そして、いくつか親父と密かに交わした約束が

あります。勿論、すべて達成させましたし、今でも

この約束を守っています。

 

間違いなく、親父の想いがイチバン自分に影響しているのは

前から分かっていましたが、改めて、ものすごい影響を

受けていることに気づきました。

 

今思い返すと、僕の今やっていることは大体は

身近な大事な人たちの想いに触れてから、その

延長戦で出来たイメージからばかりでした。

 

僕にとっての大きなイメージの源泉は、大事な人たちとの

想いの共有なのだと思います。

 

そこから物語が始まる。。。

 

今、また、大事な人達の想いをタップリ受け取って、そこから

今後の残りの人生で描きたいイメージをたくさん描くことが出来ましたし、

そのための仕組みもある程度、考えることが出来ました。

 

やはり、しばらくは男を磨くのみです。あーもっともっと全力で男をやろう。

 

先日、僕の先生に本当の男としての生き方や姿勢を見せて

もらったが、もっともっと、僕も男をやろうと心底思いました。

 

そして、もっともっとこの時間をとろう。もっと男になるために。

早速、スケジューリングしました。

 

とにかく、改めて今を形成するキッカケになった方々に

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

大学を中退して起業してゴキゲンな人生を掴んだ男が大学に効率な過ごし方を語る

最近、学生の子からよく相談される機会が
あり、昔をたまに思い出す。

僕はドロップアウト組だ。

「自主卒業」という用語を作って、カッコよく
辞めたのを今でも覚えているし、退学届けを
提出した日に、311の震災が起きたのはもはや奇跡に近い。

当時、大丈夫なの?と何名もの友人やに
心配されたが、今はなぜか僕が心配する
立場になってしまった。

起業することは、今でこそブームに
なりつつあるが、当時もまだ少なかったので
確実に変人だったしアウェイだった。

大学を辞めようと思ったキッカケは
違和感だけだった。

大学に入って即感じた。

「自由に何でもできる。」

というイメージの大学生だったが、その真の意味での
自由を運用しているセンスのいい大学生が
いなかったのだ。

だから、当時、たまたま友人から紹介された
mixiでひたすら自分がカッコイイと思える
先輩に出会うようにした。

理由は分からないが、おそらく、人生の
サンプルを求めていたのだと思う。

この経験は間違いなく、今振り返ると
僕にとって大きな決断の糧になっている。

なぜなら、たくさんの人生のサンプルや
イメージが知ることが出来てきたからだ。

A面とB面知れたのもこの頃だ。

そして、成功やビジネスという結果を
複合的に見ることが出来、その人生の
ポジションもなんとなく理解できた。

こういう風にいくと、こうなるんだなー。

というイメージがたくさんできたので、
自分のチョイスを間違えなくなったし
優先順位が見えた。

だいたいの大きな問題の根源は、家族関係。

または、人間関係だということもわかった。

やはり、身近な人間関係に問題がある人は
嘘をつくし、一時的にはよく見えても、
時間軸を重ねる度に、その方の矛盾に気づくようになる。

思考と行動と感情が一致していないのだ。

実は、これは本人がイチバン苦しい状態。

僕は、人と会った時に、その方の無意識時の表情
をよく観察する(上記を知りたいからである)。

巧みなトークは、アウトプット数に比例するので、
あまりそこに価値は置かない。大事なのは、その
裏側にある部分だ。

職業柄、たくさんの方に会っている人は、
なんちゃって笑顔が自然に出てしまうし、
言葉が先行して、対して思っていないのに、
それなりのことを話してしまう。

なので、僕は待ち合わせ場所でその方に
会う前に、遠くからその方の表情などを観察
していたし、その言語化された情報の裏側に
ある部分をつねに見るようにしていた。

こうやって書くと、アクドイ奴に思われるかも
しれないが、これは護身術であり、無一文な
もみあげが濃い大学生だった僕が僕である
ために学んだ教訓だ。

当たり前だが、完璧な人などいないことも
理解できたし、幸せとは、お金だけでは
ないことも理解できた。

また、年収ステージ毎のパターンもわかることが
できたし、コミュ二ケーションの仕方で、
その方の大よそも理解できるようになった。

年収1000万〜3000万ぐらいのステージの方は
それなりに、自己承認欲が埋まっていない場合が
多く、自己顕示欲が強い。

なので「俺が!」や「自分は」という焦点が
自分にあたった会話が多いし、そのような会話が
大好きである。

見栄えも派手だし、いいように思われたいと思う
行動をする。

これ以上になると、またちょっと違う。

特に億以上とっている人は、至って普通の方が多い。

なので、一見分からない。

いや、正確にいうとそれなりに普通にしていているのだ。

この理由は、ボクもビジネスを始めて途中で気づくが
大きなビジネスを行うには、才能溢れる方がマストで
あるからだ。

「自分がイチバン」の状態では、天才は自分のところに
やってこないし、育たない。

なので、その天才に好かれる自身になってしまうのだ。

会話もこのレベルになると、概念的な話や、
相手にフォーカスを当てた話が増えてくる。

「君はこれについてどう思っているの?」

「僕は、今こういったビジョンを描いているのだよ。」

このように、一緒にいて流れる時間がちょっと
異なる。そして、不思議とその方の近くに自然に
いたくなるのだ。

今思い返すと、幸せホルモンであるセロトロンが
大量に出ていたのだと思う。

(続く。。)

……

さて、珍しくいつもと違ったテイストで執筆したが、
これは、ボクの自己満足であり、日記に近い。汗

だから、あなたからの意見を聞いてみたい。

もし、このようなボクの思い出横丁であり
教訓を今後も見てみたい場合は、本コメントに
返信いただければ幸いだ。

感想は、「いぇい」だけで十分だ。

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

ドローンを世界中で飛ばす経営者団体

先日は、秘密の経営者団体であるドローン貴族で
ドローンをぶっ放してきましたー。

皆、飛ぶ系を極めているので(笑)
飛行機でもVIPだし、ドローンもそれなり
に極めてイケていますよねー。

自身の枠を超えた、自身の常識を超える
ゾーンに常にチャレンジする人たちは本当に
いくつになっても本当に若いし、その姿勢に
こそ、ホンモノが集まってくるということ。

居心地の悪いゾーンだけど、必ず
超えるとリフレッシュできるゾーン。

この程よいラインを毎日に入れ込む。

すると程よい緊張感とリラックス感で
かなりいいメンタル状態が作られる。

僕も先月は、ケトジェネを極めまくり、
ケトンの絶妙なコントロールができる
ようになってきたので、パフォーマンスが
さらに上がった。

つまり、また未来の可能性が大幅に
広がったということ。

今の自分にとってのリフレッシュでは
なく、まだ見ぬリフレッシュを求める
ことがゴキゲンだし、そんな主義を
もっともっと極めていきたいと心底思う。

新年に久しぶりに都内でセミナーやりますよー。

また、メルマガでインフォします!
スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

大感謝祭「爆速で夢を叶える技術」やります!


河本です、
ゴキゲン大感謝祭を行います。

今回は、特別なイベントに招待させて
いただきたくメールさせていただきました。

ありがたいことに、私自身がゴキゲンな
つぶやきをしているせいか?分かりませんが
私のこのメールを読んでくださっている方は、

あなたも含め、大変ゴキゲン
かつ魅力的な方々ばかりなのです。
  
おかげさまで、そのようなゴキゲンな方々と
オンライン上ではございますが、日々、
コミュニケーションをとれることが私としても
大変、幸せなことです、メールボックスを開くのが
楽しみで楽しみで仕方がありません。

正直な話をすると、私は寂しがり屋です。笑

ですので、このように質問や相談、報告などの
メールを頂戴することが非常に嬉しいことですし、
メールをくださった方の1日や人生を想像
しながら、

「どのようなメッセージを届ければ、
この方の未来がさらにゴキゲンになるのか?」

を考えて、私の潜在意識からメッセージを
引き出す時間が大変幸せなのです。

さて、そんなわけで、実は私がゴキゲンに
していただいている次第ですので、(笑)
今回、大感謝祭を通して、少しでも
御礼申し上げさせていただければと思います。

下記が今回の大感謝祭の詳細ですので
ご確認いただければと思います。


大感謝祭「爆速で夢を叶える技術」;
 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

旅行しながら仕事するゴキゲンビジネス構築法(お金と時間を確保する自由な働き方)

河本です、

「旅行しながら働くゴキゲンビジネス構築法」

のビデオの完全版をシェアします。

実際に、ご存知の通り、私自身、
年間の半分以上、海外で生活しています。

そして、仕事時間は「午前」だけです。

たまに打ち合わせやミーティングなどが
夜に入りますが、基本は午前中だけです。

これは、仕事が嫌いだからというわけではなく、
なるべく仕事時間を減らして、最大限の
パフォーマンスを発揮できるような環境を
自身で作っているからこの「時間設定」に
なっております。

さて、今回はそんなわけで、私の働き方
や仕事に対する考え方などに興味を
持ってくださる方が非常に多かったので、
私なりの

「旅行しながら仕事するゴキゲンビジネス構築法」

を少しばかりシェアさせていただきます。

第1回目は、

「海外旅行しながら仕事をするビジネスの最大の肝」

です。

実際に、仕事時間にも、仕事場所にも縛られない
イツデモドコデモできるビジネスを構築する上での
最大の肝をシェアします。

 

第1回目「海外旅行しながら仕事をするビジネスの最大の肝」:

 

 

第2回目「これからの時代に収入アップが見込める職業とビジネスマップ」:

 

第3回目「時間とお金を手に入れるための設計図の作り方(人生設計編)」:

 

第4回目「不労所得発生ビジネスの構築法」:

 

 

第5回目「幸せなお金持ちになれる3つのスキル」:

 


追伸;

すべてのビデオが見終わったら下記の
秘密の無料ビデオを覗いてみてください。

秘密のビデオ;
https://events.genndi.com/register/169105139238467287/9199a8b886

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

ビジネスオーナーへの3つのステージ~自動化収入を構築する方法~


河本です、
先日は、沖縄で魅力術アップ合宿でした。

今回も素晴らしいメンバーが集い、
今後も何かしらのカタチでジョイント
できそうで、とても楽しみです。

私自身がセミナーや合宿を行っている理由は、

「ヘッドハンティング」

がメインです。

勿論、最高の方と出会い、最高の方々に何かしらの
影響を与え、ゴキゲンにしていくのは言わずもがな
ですが、それ以上に、最高の才能をお持ちの方と
うまくつながるカタチを作り、何かしら未来に
新しいものを作っていくことがとても楽しいのです。

現在、一緒にお仕事をさせていただいて
いる方の殆どが、セミナーや合宿での出会い
がキッカケです。

やはり、寝食ともにして、同じ「空間」を共有して
いるので「素」が垣間見れ、お互い信頼しあえます。

ですので、今後も年に1,2回は開催して
いくでしょうし、最高の人たちが出会える
場所を作っていきたいと思っています。

さて、話は変わりますが、今回合宿をして
いて気づいたことがあります。

それは、「今」の私の仕事は、「当初」と
大きく変わったことです。

今では、最高の方々を引き寄せて、彼らと
マッチしたお互いの未来が明るくなる仕事
(フィールド)を作るのがメインになって
いるとのことでした。

お陰さまで1つの事業は、海外への展開も
始まり、それなりにカタチになりそうで
ワクワクしていまうs。

(最高のチームの方々、ありがとうございます!!)

個人的に「ビジネス」を仕組み化(自動化)するには
下記の3つのステージがあると思っています。

ステージ1「自力の最大化」
ステージ2「人へのお願い」
ステージ3「人への応援」

ステージ1では、とにかく、自身のスキルや
力を磨くことです。

自分だけの才能を日々磨き、ダイヤモンドに
育てて行く作業です。

私自身の例でいったら、21歳からソーシャルメディア
を使い、集客できるようになり、22歳から自身の
セミナーを開催し、パブリックスピーキングと
コンテンツ作成能力とインタビュースキルを身に着けました。

そして、このステージによってそれなりに
収入が上がってくると、忙しくなって来ますので、

「人を雇う」

必要が出てきます。

そうです、
次のステップである 「人へのお願い」です。

自身がそれなりに仕事を出来るようになると
自身の仕事を自分よりうまくできる
人にお願いできる人になります。

「どうやったら、喜んでお願いを引き受けてくれるのか?」

「どうやったら、この方にマッチした仕事を分配できるのか?」

「どうすれば、自身のところに最高の才能を持った方が
集まってくるのか?」

このステップで 大きく人間的成長があるようです。 

私自身も自身より年配の方を雇ったりすることで
大きく自身の器が広がりました。

そして、何よりビジネスが大きく安定するように
なり、幸せがよりいっそう増えました。

そして、 ステージ3は「人への応援」です。

これは、ここ1年でなんとなく分かってきた
スキルです。依頼を超えて、応援することです。

言い換えると未来を信じることですし、
任せることにもなっていきます。

20代前半は、自身より才能がある方を見ると
嫉妬心があったり、自身が常に1番ではないと
気がすまなかったのですが、最近は全くなくなり、
応援したい方を見つけて、素直に応援できるようになりました。

1番になりそうな人や、1番な人に1番
好かれる人になりたいと思えるような
人間性を身に着けようと思うようになりました。

人の才能を心底信じられるようになったので
100%の気持ちで応援できるようになりましたし、
その方のためになることを(環境や資本なども含めて)
応援できるようになりました。

この状態になると物凄くレベルの高い方が
急速的に引き寄せられてきます。

私自身、大変、目立ちたがり屋なのですが(笑)、
自身よりこの方に目立ってもらおうと何故か
思えるようになり、これが出来るように
なってから、物凄いビジネスが成長していきました。

さて、次のステージがまたまた楽しみなのですが、
下記の3つのステージでそれなりに仕組み化された
ビジネスは構築できると思います。

ステージ1「自力の最大化」
ステージ2「人へのお願い」
ステージ3「人への応援」

特にステージ3からはよくわからないけど
朗報が毎日届く状況です。笑

これがとにかく楽しいですし、幸せです。

自身が見えないところ(意識の届かない範囲)で
活躍してくれていることは本当に嬉しい限りです。

本当にご縁があった仲間の方々には感謝です。

河本真

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

2017年以降インターネットビジネスで確実に稼ぐ方法

河本です、

さて、今回は、1分で読めるQ&Aシリーズを
お届けさせていただきたく思います。

有り難いことに日々、たくさんの
方から、私自身がバージョンアップ
しなければいけない質問を頂戴いた
しますので、シェアできればと思っています。

それでは、今回の質問です。

—-Original Message——

今まで様々なネットビジネスの塾やアフィリエイトの
塾などに入って投資してきましたが、どれも挫折
してしまい、また何かチャレンジしても挫折して
しまうのではないか?と思ってしまいます。

河本さんは、挫折したことはありますか?

また、そこから立ち直る場合は、
どうすればいいと思いますか?

また、今後、どんなビジネスをしていけば
河本さんのようなライフスタイルになれる
でしょうか?

—–end of message——

ありがとうございます。

「起業と働き方」

に関する質問になります。

さて、私自身の「考え」は下記になりました。

――――――――――――――――――――――

【Answer】

多くのインターネットを通してビジネスを
教える人は、そもそも大本である
インターネットの本質を理解していなく、
「www(ワールドワイドウェブ)」の意味
ですら理解していません。
(プロトコルすら勝たれません。)

当たり前ですが、そのような本質的な
根っこの部分を理解していない方から
教わっても、インターネットで稼ぐ方法を
教えてもらってもインターネットの本質は掴めない
でしょうし、所詮、誰かが作ったフィールドでしか
「勝負」できないビジネスモデルになってしまうでしょう。

ちなみに、多くの方が誤解しているようですが、
インターネットビジネスは、アフィリエイトや、
情報商材を販売、転売!などといった「カタチ」
が決められているものではなく、
自身のフィールドを作ることにあります。

私自身もたまに

「河本真さんはネットビジネスをやっていますか?」

などとメールを頂戴しますが、私は
ネットビジネスをやっているつもりはありません。

そもそも

「どんなビジネスをやっていますか?」

と質問した時に

「こんなビジネスをやっています。」

という人は、長期的にうまくいかないでしょう。

当たり前ですが、永続性のあるビジネスには
必ず理念や世界があり、作りたい世界が
明確になっているのです。

ですので、私自身の作りたい世界の手段として
「インターネット」を使っているだけあって、
「ネットビジネス」をしているわけではないのです。

ちなみに、よく相談を頂戴します
「MLM(マルチレベルマーケティング)」も
「起業」ではございませんし、個人的に
最初に行うビジネスとしてはオススメしていません。

起業とは、予め「用意されたプラットフォーム」
に入って「勝負」することではなく、自身で
仕組みを生み出して、「GDP」に貢献することなのです。

つまり、「世界」に対する「付加価値」を加えることです。

そして、これが出来たときに本当の意味で
「起業」したといえるでしょうし、これが
できたときに、永続性あるビジネスが出来るのです。

世の中には、

「うまくいく方法」と「うまくいき続ける方法」

があります。そして、両者の本質は異なります。

そして、一見派手で誘惑されるのが

「うまくいく方法」

なのでしょうが、それは所詮「一時的」に

「うまくいく方法」

だけあって、長期的に

「全くうまくいっていない方法」

なのです。

ですので、私自身は、最低5年以上、
「幸せなビジネス」を行って継続されている
人の話しか聞きませんし、参考にしません。

現代社会では、「欲」が増幅しやすく
逆に言うと、その「欲」を満たすビジネスが
流行る時代ではありますが、そこに本質は
なく、本当の意味で「欲」を整理できて
俯瞰的に見れたときにそこにお求めの
仕事や働き方があるのだと思いますよ。

皆様、各人が素晴らしい才能やスキルを十分
お持ちですので、あえて「欲」に負けて
「遠回り」してしまっているので。

「稼げるもの」を取り入れるのではなく、
「今ご自身にあるもの」を使って稼げる
フィールドを作っていきましょう。

この意味が分かったとき、インターネットの
捉え方が変わるでしょう、本当の意味での
自身のフィールドが作れるようになるのだと思います。

また、働き方に関しては、今後ビデオなどで
シェアしていく予定ですのでお楽しみに!

河本真

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

家族や両親に起業すること(自己変革)などを理解してもらう極意


河本です、
下記のような質問を頂戴しました。

—-Original Message——

私が河本さんの音声を聞いている事を友達や彼女に
カミングアウトしてみました。
分かっていたことではあるのですが、みんな口を揃えて
「宗教の一種だろ」、「2万も使ったの!?金取るとか詐欺じゃん」、
「悪いことは言わないからやめておけ」、「早く足を洗え」
というようなことしか言わず彼女にはガチ泣きされました。
私自身としては、一度きりの人生なのでどうせなら自身の生活、
人生を良いものにしたいと思い、河本さんの音声を聞いて
価値があると思って購入等しているのですが理解してもらえなくて、
どうしたら良いのかわからなくなってきました。
私自身が他人に流されやすい人間なのでこうなるとどうして
良いのか困惑してしまいます。
河本さんなら、このような場合どのように対応または対処されますか?

—–end of message——

「自分の行動を家族へ理解してもらう」

ための質問になります。

さて、私自身の「考え」は下記になりました。

――――――――――――――――――――――
【Answer】

さて、カミングアウトの件です。

これは、質問者さまと彼女さんや周りの
ご友人の関係性にもよります。

私自身は、現在、反対されるどころか?
常に「人生を良いものにしたい」話しか
「家族」や「パートナー」としていませんし、
それこそ(お互いの人生を良くするための
すり合わせ)が真の会話だと思っています。

さて、今までの質問者さまからのメールから
察しますと、質問者さまは大変素直かつ、
フットワークが軽いのですが、その
目的となる大きな「軸」がご自身の中で
明確になっていないことが周りを不安に
させてしまっている
のでしょう。

私も昔そうだったのでよく分かりますが、
自身の行動(特に周りへの)以上に、
自身の発言が随時ご立派ですと周りは
呆れてしまうものですし、なかなか信頼
してもらうことは難しいのです。

特に、その「言動」が、いわゆる、「常識はずれ」
ですとなおさらです。世の中とは「常識」
で成り立っていますので、「常識ハズレ
(いわゆる、少数派)」は常に無意識に
否定されますし、受け入れてもらうことは
難しい
のです。

かくゆう、私自身も思い返すと19歳から

「俺は大学を辞めて起業する!」

などと威張っておりまして(笑)
自営業(当時はNTTの訪問営業)を
営み始めた頃は、怪しいなんてものでは
なく、自身の祖父母にまでも反対され、

「なぜ誰も分かってくれないんだ。」

と悩む毎日を過ごしていました。

今思うと、「自分で自立してマトモに生活」
できていないどころか、「家族」のこと
すら考えられていない「未熟者」だったので
しょうが、当時は、エネルギーに満ち溢れる
ばかりに何も見えていませんでした。

さて、そんな矢先にある「私の人生を大きく変える
一言」に出会いました。

「周りの5人がすべてだよ!」

この教訓です。

単純な私は、この言葉をバカの一つ覚えのように
信じて、よく接する人を一気にチェンジしてみました。

それなりにコスト(結果、投資になりました。)が
かかったり、居心地の悪さも感じましたが、
何より自分の環境が手に入れば、自身の時間の
流れが大きく変わると思っていましたので、
自身の付き合う人を大きくシフトさせました。

それから、私の本当の意味で居心地の
いい場所が出来まして(そのような話を四六時中できる)
その瞬間から、自身が変人ではなく
「普通」だったということに気づいたのです。

今の妻やビジネスパートナーに出会ったのも
その頃でして、生産性のある会話が「普通」
の環境が出来上がっていました。

当たり前ですが、常に人を非難したり、
否定したり、誰かをディスることで盛り上がる
コミュニティではなく、生産制のある話が
基本ですので、そのような方々とお付き合い
していると勝手に「未来がよくなるための思考」
をしてそのような行動を無意識にとってしまっているのです。

さて、長くなりましたが、今の時代、それなりに
仕組みがありますので、出会いのカタチは
アイデアと想い一つ(勇気も!)で簡単に変えること
ができます。

つまり、かつてないほどご自身にとっての
最高の仲間と出会える時代なのです。

そして、その最大の鍵は、オンラインを
使って、オフラインに飛び込むことなのです。

オンラインだけの世界にいたら、お求めの
世界は近いように感じますが、あくまで
幻想の世界であり、真のつながりはそこには存在しないのです。

今の時代、オンラインの三次元の世界では
それなりに立派な方(魅せ方がウマイ!)が
多いでしょうが、オフラインの四次元の生の場
でそれなりに立派な方はそういらっしゃらないのです。

是非、オフライン力をオンライン力より
高めながら、最高の環境にダイブくださいませ!

ちなみに身近な方に「一人前」だと信頼されて
いれば、何を話しても聞いてくれますし、
納得してくれますよ。

結局、日頃の行いですし、多くの方が
自由になれない(自分の意思が実践できない)
最大の理由は、一番身近な人に信頼されていない
からなのです。

厳しいですが、この意味がわかったとき
お求めの現実がスタートするはずです。

河本

追伸;

7/1と7/2で南の島で

「80年間食いっぱぐれしない人間力」

を形成する怪しい合宿をやります!

また購入者メルマガでインフォします!

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

実際に学生中に起業した男が語る学生中にすべき謎の準備とは?

河本です、

さて、今回は、1分で読めるQ&Aシリーズを
お届けさせていただきたく思います。

(週1回予定です。)

有り難いことに日々、たくさんの
方から、私自身がバージョンアップ
しなければいけない質問を頂戴いた
しますので、シェアできればと思っています。

それでは、今回の質問です。
 

—-Original Message——

約3年前にpotential secret を購入させていただいた者です。

いつも河本さんの音声や動画を楽しく拝見しています。

相談です。

現在私は19歳で浪人中の身です。

一応第一志望に合格したのですが、そもそも大学に

行きたいという思いがなくすぐにでも起業したいと思っています。

わざわざ浪人したのは大学のブランドだけが欲しかったためです。

といった感じで現在進学するかどうかを考えています。

 

いたので以前動画か音声かで河本さんが大学を中退なさったとおっしゃって

今回相談させていただきました。

 

よろしければ、キャンパスライフを送ってよかったこと、

河本さんの大学についてのご意見を聞かせてください。

—–end of message——

ありがとうございます。

「学生時代の過ごし方」

に関する質問になります。

さて、私自身の「考え」は下記に
なりました。

――――――――――――――――――――――
【Answer】

河本です、
合格おめでとうございます。

私自身は3/11ドロップアウター(2011年の3月11日に
退学しました。)ですのでその経験から
私見を述べさせていただきます。

少なからず、私にとって大学生という
肩書きは役に立ちましたが、

「教育機関としての大学」

は全く機能しませんでした。

ご存知かもしれませんが、私自身は
学生中にすでにビジネスをスタートしておりまして、
(メインは、イベント業で。)
そのビジネスがスタートできた理由は
間違いなく、「大学生」という立派な
肩書きを使って、起業家や、成功者と呼ばれる
方々と「無料」でお会いさせていただいて
いたのが大きく影響しております。

ですので、今振り返ると「授業」や「教育システム」
というより「学生」という肩書きを持てたこと、
そして、その「学生」の枠を超えた活動をして
いたことにより、「社会人」の方から大きな評価
を得られたことが、私にとって学生で良かったこと
(恩恵)です。

ただ、その分、私の不可解(常識はずれ)な
行動により両親を悩ませたのは事実ですし、
たっぷり心配をかけたのも事実です。

また、参考になるかわかりませんが、同期?
で起業を目指していた友人もそれなりに
いらっしゃりましたが、7年経った今、
彼らの中で起業して「起業家」として
生きている(安定した生計)のは「1割」もいないでしょう。

この違いは何なのか?よく古き友人からも
聞かれるので自分なりに分析してみたところ、

「はみ出したか?どうか?」

だけなような気がします。

いわゆる文部科学賞が作った教育システムは、
素晴らしい(優秀な)従業員になるための
システムですので、起業するにはそこから
「ハミ出す」のは当然ですが、それ意外でも
「ハミ出せたか?」に限ると思うのです。

実際に、今、それなりに上手くいっている友人たちは、
「教育機関」だけでなく「起業」に対しても
「不真面目」でしたので、学生時代に、「起業」
以外の「ハミ出す遊び」をそれなりにしていましたし
いわゆる「起業家になるための勉強」をあまり
していない方ばかりなのです。

いわば、「起業」に関しても「真面目に勉強」
というスタンスではなく、「ハミ出し」ながら、
覚えていったという感じなのでしょう。

なぜなら、「起業」とは、形式張ったものでは
なく、「遊び」などのストリートの経験から
学んでいくものなのだからです。

「Stay hungry,Stay foolish!!」

起業したければ、暗黙の了解の無意味な
ルールやしきたりからハミ出しましょう!

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33