タグ別アーカイブ: 日々思うこと

河本真(Mr.Mのビジネスモデル)を徹底分解!

よくインスタのメッセージで

「何のお仕事をされているのですか?」

と聞かれる。

昔は、これだ!と答えられたが今は、難しい。

これは格好つけているわけではなく、
代弁する日本語が見つかっていないからで
ある。

なので、僕の語彙不足だ。(いつもながら
すいません。。)

ただ、僕は、2012年からずっと、午前中
しか働かないようにしているし、その時間
だけで膨大な未来を作ったように思える。

これに関しては、私自身の主催している
ビジネススクールでシェアしているが、
基本的には、「ロングターム」のビジネス
しか行わないようにしている。

僕の性格がコツコツ積み重ねていくスタンス
なので、ただ、いわゆる突発的なブームのもの
を取り入れても、毎日が焦らされるばかりで
クリエイティブなものにはならないので、
長く続けられるものしか行っていないのだ。

よく、経営者の方から

「マーケットイン派ですか?プロダクトアウト派ですか?」

とも質問を頂戴するが、どちらでもあるし、
どちらでもない。

僕のような中小企業は、ニッチでしか永続性は
得られないので、マーケットインしていたら、
「競争」にしかならないのだ。

基本的にリサーチして出るデータは、意識的な
データであり、人々が意識的に察知している問題や
ニーズだ。

だから、僕はデータは参考にはするが当てには
しない。

僕が狙っているのは「無意識ニーズ」だ。

実は、人の本当の悩みやニーズは、実は、本人が
気づいていないところにあるのだ。

また、ハマるものも含めて。

僕は、常に、ここを意識的に見て、無意識が求めている
ものをビジネスにしている。

なので、超ニッチであるし、極めて、持続性が高いし、
ハマるのだ。

なので、僕が作った市場は毎回、真似されるが、僕の
コアなスキルである無意識理解は、だれも真似できない。

そして、最近は、そのフィールドを自分よりパッションが
ある方に譲れるようになってきたので、また、フィールドが
たくさん広がってきた。

ワクワク。センスある方が集まる仕組みが作れると
このフィールドはどんどん広がっていきます。

また、ビジネススクールでこの当たりたっぷり、シェア
しますね。お楽しみに。

もみあげ大魔王は明日で卒業より

追伸;

「え、河本さん、このポストは、そのビジネススクール
への勧誘ですか?」

ええ、そうです。あと目的は、ビジネスに興味ある方を
引き寄せたいからドカーンと書きました次第です。

ただ、URLも何も書いていないので、入れませんね。
ええ、困りました。

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

 

罪悪感の取り扱い方


河本です、

さて、今回は、1分で読めるQ&Aシリーズを
お届けさせていただきたく思います。

有り難いことに日々、たくさんの
方から、私自身がバージョンアップ
しなければいけない質問を頂戴いた
しますので、シェアできればと思っています。

それでは、今回の質問です。

—-Original Message——

お世話になっております。
いつも質問にお答え下さって、本当にありがとうございます。

今回は、
罪悪感について教えていただけたらと思い、ご連絡をさせていただきました。

potential secret の教材の冒頭で
"罪悪感は手放した方がいい"とお話をされていましたが、

罪悪感は完全に手放してしまっても
大丈夫なのでしょうか?

これができたら気持ちがとても楽になると思うのですが、
犯罪者のような振る舞いになってしまわないか、
そこまでは流石に行かないまでも
(気づかない間に)人に害を与えてしまうんじゃないか、と思ってしまいます。

たいていの人もこれが怖くて、あえて罪悪感を
手放さないようにしているのではないかな、
と考えたりもしています(自分を牽制するための手綱としてあえて持っておく、という感じです)。

それとも罪悪感は、ある程度必要なものなのでしょうか。

ご都合のよろしい時にお答え頂けたら、とてもありがたいです。

お忙しい中お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

—–end of message——

ありがとうございます。

「罪悪感」

に関する質問になります。

さて、私自身の「考え」は下記になりました。

――――――――――――――――――――――

【Answer】

既に、そのようなことを心配されている
時点で大丈夫ですよ。笑

本当にヤバイ人は自身がヤバイと気づきませんので。

さて、罪悪感とは何でしょうか?

お察しの通り、元々私達が過ちを犯さないために
プログラミングされているデフォルトの感情だと
思います。

勿論、この感情が存在することで、それなりに
自身をコントロールできるのは事実でしょうが、
現代社会では、本来デフォルトの機能以上の罪悪感
を数多くの方が感じてしまっているのは事実だと思います。

例えば、皆が一生懸命残業しているのに
定時退社することで罪悪感を感じていらっしゃる
方は多いですが、この罪悪感は、私達の
デフォルトとしてある罪悪感の相応しいでしょうか?

答えは「No」のはずです。

少なくとも、私自身も含め、日本教育をドップリ
受けている方々は、「日本のシステム」に
馴染んでしまっているので、「組織」に
無意識であわせることが「常識」とされて
しまっているので、それから外れることを
しようと思いついたりすると

「罪悪感」

を感じるようになってしまうのです。

結果、個人より組織を優先する生き方になり、
これが「和」だと認識されていますが、
私自身は、「和」だとは思いません。

所謂「和」とは、個人同士がいい形で
繋がりできることだと思いますし、
それぞれの個を活かし合うことだと思います。

さて、話はズレましたが、不必要な罪悪感は
手放しましょう。罪悪感の裏付けには、
何かしらの「基準」がございますの
でそれをまずは疑ってみてくださいませ。

もしくは、人口のトップ3%であるイノベーター層
と呼ばれる意識の高い人たちの層ですよね。

前回のビデオでシェアさせていただいた通り、
日本人のセロトニン受容体から考えても、
良くも悪くも人の影響を受けやすいので。

河本
 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

収入アップだけでなく人生を幸せにしてくれる究極のスキル


22歳の時に、尊敬する先輩にあるアドバイスを
いただいた。

「社員を雇うか?雇わないか?でそいつ
の成長度って決まるんだよなー。」

当時、会社を立ち上がたばかりだった僕は
その意味がわからなかった。

ただ、父が病気した直後だったので、
自身の家族(母)の食い扶持を作るように
自分の親が安心して生活できるように
動いて実際にその経験から自身のレベルが
上がっていったのが分かっていた。

この時学んだのは、自分のことが精一杯の
状況でいかに、人のために動けるか?で
自身が急成長できるということだ。

僕の場合は、はじめて、自身以外の食い扶持を
作るという経験から、その方の未来や理想の
ライフスタイル、正確に聞き出し、
現在あるリソースを最大限に活用し、
性格にあったモデルを作るというスキルを身につけた。

信頼できる天職だと思って仕事をしている
専門家に頼るということもこの時期に
覚えたのを覚えている。


そして、時期に社員やチームと関わるよう
になり、気づいたら、今だけでなく、今後も
幸せになってほしい、時間軸を共有したいと
思える人が相当増えていた。


この人たちの食い扶持を作り、活躍できる
フィールドを作ろうという思考が常に四六時中あり、
その思考が自身を大きく成長させてくれた。

そして、妻で出会い、結婚し、またまた
成長できた。この人と最高の家族を作おうと
決意し、自身の子孫たちが長期的にサバイブ
できるような仕組みや環境を作ることを決意し、
その準備をスタートしていった。

強い芯ができ、ブレることがなくなったし、
この時期から、見極めがうまくなってきた。

ガムシャラに動くというより、タイミングと
やるべきことの見極め。確信。

そして、その将来の環境を準備している過程で
出会ったのが今の先生と最高の先輩方だ。

自身のために動いていない時の出会いは
いつも素敵な出会いばかりだ。この出会い
により自身のビジョンへの道筋が一気に
見えた。

そして、最愛のジュニアの誕生。

益々、成長させてもらっている。
日に日に何かを学び、スクスク大きくなる
彼をみていると

「一緒に成長しようよ。」

とボクに対して微笑みかけているように見える。

ここ1ヶ月この子のおかげで、またまた自身の器
が大きくなってきたのがわかり、今朝、冒頭に
あげた先輩の言葉を思い出した。

「一見自身にとって全くメリットのない人を
救える力」

あの先輩の言葉はとてつもなく深く、
時たま自身の人生によく出てくる。

いま思えば、センパイは僕に伝えたかった
のかもしれない。

そして、今俯瞰的にみてみると確かにこれを
持っている人は間違いなく成長しているし、
これを構築しようとする人は間違いなく、
大きくなっている。

今、自身が一緒に仕事したいという方もしている
方も間違いなく、「人のために動ける人」であり
上記に近いものをもっている人ばかりだ。

例え、現状がどんな状況であれ。

今、僕が尊敬しているビジネスパートナーも
18歳ではあるが、彼も若くして、この力を持っている。

だから応援者がとてつもなく多い。すごいなー。

ニンゲン改めて年齢じゃないと再確認。

さて、ボクも次の世代に繋がるように
時空を超えるメッセージと環境をもっともっと作り出さなきゃ。

バトンを繋いでいくって幸せだなー。
 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

やりたいことを確実に見つける方法~潜在意識の使い方~

河本です、

さて、今回は、1分で読めるQ&Aシリーズを
お届けさせていただきたく思います。

有り難いことに日々、たくさんの
方から、私自身がバージョンアップ
しなければいけない質問を頂戴いた
しますので、シェアできればと思っています。

それでは、今回の質問です。

—-Original Message——

さて、河本さんに質問させてください。

私は、自分のやりたいことがわかりません。

そうすると、理想の一日のイメージがあやふやになってしまいます。

そういった場合、自分に「何をしたい?」という質問を
すればよいのでしょうか?これは、ずっと前から自分に
問うていたことですが、いまだに答えは見つからないです。

私が気づいていないだけ?なのでしょうか…。
やりたいことがわからないなら、やりたくないことをやめてみればいい?

天職がなければないで、その中で幸せに生きればいい、ということなのか…
 
お手すきのときにで結構です。アドバイスをいただけましたら幸いです。 

—–end of message——

ありがとうございます。

「やりたいことを採掘する方法」

に関する質問になります。

さて、私自身の「考え」は下記になりました。

――――――――――――――――――――――

【Answer】

ありがとうございます、

実は、同じような質問を日頃から多々頂戴して
いまして、この「やりたいこと」というか、
ご自身の未来への欲求が沸いてくるような方法
を最新作の

「Potencial Secret Max」

に追加しました。

あれ?これでは、見事に「セールス」になって
しまっていますよね(汗)

是非、このように誘導をしてくる方に
怪しい方にがご注意ください。

さて、下記に回答を少しばかり。

脳の発達の仕方や、神経細胞などを勉強を
すればするほど分かることは、結局は、
「経験量」こそが、好奇心を生み出し、
その好奇心こそが、実は、ご自身の
「やりたいこと」や「未来のイメージ」を広げてくれます。

「三つ子の魂百まで」とは言いますが、私たちの
脳に存在する神経細胞をつなぐ「シナプス」が
急増するのが、3歳までと言われ、この時期までに
いかに様々な「刺激」に触れることが出来るか?で
その後の成長が言われています。

私は、これは三歳を超えてからも十分に
可能だと思っておりますし、実際に
周りを見ても、それなりに新しい「刺激」
を常に人生に意識的に加えている方は
お若く常にイメージに満ち溢れている気がします。

つまり、初めて

「ハワイにいってサーフィンをする。」

からこそ(感覚器官への感知から、中枢神経系へ)

「サーフィンっていいなー。ハワイってアロハな空気
って最高だなー。」

と「大脳」にシナプスとして記録されるのです。

私自身も過去振り返ると「やりたいこと」が
なく、「好きなこと」もない、そんなご自身が
どこかで嫌でしたが、(ないといけないと思っていました。)

「とにかくワクワクするような経験しよう!」

と決め、そのような経験をしていくうちに
自身にとってのイメージがドンドン出てきて
気づいたら、「やりたいこと」だらけになって
いました。

さて既にお気づきかと思いますが、やりたいことは
なくて探すものでは決してなく、ご自身の感覚器官
(感覚器官から中枢神経系で脳に伝わります)
が最高に痺れる経験をご自身がもっともっと
感じれる仕組みを作ればいいだけですよ。

つまり、遊ぶこと(新しい刺激を感じる仕組み)でしょう。

ですので、私自身は働く時間を限りなく減らし、
それなりに遊ぶようにしていますし、常に
脳が働くように定期的に居心地の悪い空間に
いくようにしています。

私はこれを「史上最強の投資」と呼んでいます。

現代社会では、多くの方の時間を奪う
「ディスプレイ」が刺激をくれますが、
これは所詮「視覚」の一部しか
刺激してくれません。

大事なのは、常に「現場」であり、五感を
フルに使う経験なのです。

そして、これは何歳からでも構いませんよ。

是非、ご自身のスケジュール帳とニラメッコして
いただき、「最高の予定」を追加くださいませ。

河本真

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

日本人の遺伝子を利用して確実に夢を叶える極意~最新の研究結果で分かった引き寄せの法則の奥義~

河本です、

それなりに世界に出て海外を見るようになってから
分かったことがあります。

それは、

「日本人の遺伝子」

「海外の方の遺伝子」

は異なるということです。

最近流行った

「シリコンバレー式の食事法」

も試して痩せた人もいれば、全く効果が
無かった方もいらっしゃりますが、これは
まさに「欧米」の遺伝子にマッチした
メソッドであって私達「日本人」にマッチした
メソッドではないからなのです。

つまり、現在、たくさんの情報が出回っていますが
その一見凄そうな情報のソースが「海外」の
場合は、慎重に吟味する必要があるのです。

さて、これは「成功法則」や「引き寄せの法則」
においてもいえます。

これは、最近教えてもらったのですが、
日本人は所謂ノーマルな「目標設定」が
苦手な遺伝子なのです。

さて、今回は、そんな日本人にマッチした
夢の叶え方を公開します。

日本人のDNAを操作して夢を叶える極意;
 

 

河本真

 

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

今後お金に困らない人生を送るための最大の準備


河本です、

今後お金に困らない人生を送るための
最大の準備をシェアします。

– 2017年以降に流行るお金の使い方

– 四次元ポケットを使いこなせ!

– ◯◯な牛を食べると収入が上がる法則

などなどを公開します。

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

幸せな起業家に進化する極意

毎年恒例の家族旅行ナーウ!
今回はシンガポール✈︎✈︎

チョー楽しみー♪

自分が起業した大きな目的のヒトツが家族で枠を
超えた遊びをすることだったので改めて健康でいてくれる、
そして、過去に生きていない家族に感謝です。

一度きりしかない人生でいかに最高の経験を
家族と共有できるか?は自分にとっての
ヒトツのチャレンジだったりする。

学生時代、数多くの経営者と会ってきた
けど、自分の経験上、わかったことがある。

それは、家族をそれなりにしている起業家と
付き合えると人生トータルが充実し、
そうでない起業家と付き合うと、
仕事面だけが充実するということ。

いろんな生き方があってこその地球だけど
本当にココロから求めていることが目先の
利益や権威などでズレないようにと改めて思った次第でした。

自分のココロとカラダに正直な生き方を大事な
ものをもっと大事に出来るよう今日も楽しみますかー

 

スクリーンショット 2015-07-19 8.47.22

 

投資的な生き方と消費的な生き方

昨日もガッツリボンダイビーチで
波乗りしてきましたー。親父がサーファー
だったので、やはり趣味も似てくるんだなーと思う。

さて、今回は、よくいただく質問に関して

「なんでそんなゴキゲン生き方ができるんですか?」

とよく聞かれるんだけど、そうなるための
ことをしてきたからだけ。

一瞬だけゴキゲンになることでなく、
人生単位でゴキゲンになるための準備を
20歳から積み重ねてきただけ。

当時、一瞬だけゴキゲンになることだけ
をして生きている人たちがドンドン輝くを
無くしていく姿を見て、大事なことに気づいた。

幸せとは継続的なものだということに。

現状に満足できていることはすばらしいことだと思う。 
だけど自分はそれが続くことが幸せだと思ってる。 

土日は最高だけど平日は落ちるみたいなのことや、 
家族ができたらしばられて遊べなくなるみたいなことは、 
自分は幸せだとは思えない。 

きっと今現状に満足できている人もたくさんいる
と思うけど、 未来を真剣に考えたときにそれは
継続するかというと先行き不安な人が多いだろう。 

だから、僕は、持続的な倍々ゲームになって
いくような幸せを提案している。

つまり、目線を上げること。幸せは継続だと考えるなら、
目線を上げて未来を見る必要がある。 

人生を俯瞰してみてみる。 

すると目の前にあって大きく見えていたものが
小さく見えたり、 見えなかったものが
見えるようになったりする。 

そして、解決すべき大事なことを後回しに
しなくなる。例えば、お金の使い方や、
人間関係、潜在意識、などなどね。

これらをまず解決しようと思うようになる。
これらを逆に味方にしようという発想になる。

そして、それを味方にして時点で、幸せを
継続するような動きを行っていく。

具体的には、消費型の時間の使い方よりも、
投資型の時間の使い方を増やすこと。

かけすて型の労働とか、ただ遊ぶだけとか、
ただ学ぶだけとか、というのは消費型。 

投資型とはすべてに目的意識をもった行動、
しっかりと未来を築いていくための行動だと思う。 

そして、合言葉はこれ。

「今も最高だけど、未来をもっと最高に
していくための動きをしたい。 」

これを行っていくと常に、投資的な行動を
行い、今も未来もドンドン輝くようになっていく。

今だけの楽しさを追っても、それはいつか
色あせるが、将来が楽しくんる準備を今
楽しむ生き方は常に楽しさと幸せが続く。

いろんな考え方があるけど、自分が間違いなく
こっちの生き方をチョイスして心底良かったと思う。

スクリーンショット 2015-07-19 8.47.22

大学生必見!就活より大事な人生計画の立て方

Mr.Mです、

「ものを考えるということ」

最近つくづくこの重要性を
感じさせられます。

もちろん、考える力だけでは限界が
あるけど、人生を「それなりのもの」に
していく上では絶対に外せないファクター
だということ。

感じることで、人生は作られ、
考えることで軌道修正ができるから。

僕自身は、これを数年前まで怠っていたと思う。

考える時間をひたすら動くことに充てていた。

そして、そのやり方でだいたいのことは
うまくいっていたし、動くほうが大事だと思っていた。

今思えば、レールがあったからだと思う。

大なり小なり、 自分の周りの環境が
目の前にレールを敷いていて、
そのレールの上をひたすら走ることで
定められた駅までは早く行くことができていた。

考えなくてもいけるんだよね。
誰かが敷いたレール上なら。

でも、あるとき、きっと終点は世の中の多くの人と
ほぼ同じ方向だということに気づいた。

終点が見えないのに、このまま
走るのはあまりに危険だ。

あるいは見えていても行きたくない
ところであれば、 このまま走るのは自殺行為だ。

ちゃんと行きたい駅が終点になっている
レールに乗り換えないと。

自分の場合、今乗っているレールの先が、
あぁ行きたくないとこだなぁと
なんとなく思ってはいた。

まあ同じレールの10年分先を
走っている電車の位置を見れば
だいたいわかるよね。

でもムリヤリそう思わないようにしてた。
無意識のうちにこのレールを正当化してた。

たぶん違うレールを知らなかったから。

きっかけは違うレールに乗っている
電車の終点を知ったこと。

そのレールが自分がいるレールよりも
はるかに自分が行きたい場所へ向かうものだとしたら。

脱線してそのレールに乗り入れてやろう。

がむしゃらにレールに乗って走って
行き着くところが見えたとき、 もっと考えようと思った。

まずはひとまずレールとかは無視して
本当に行きたいところはどこなのか?

で、今のレールはどこに向かっているのか?

行きたいところに行くにはどうすればいいか?

少し立ち止まって遠くを眺めてみると
違うレールが見つかるかも知れない。

人生真剣勝負だからしっかり考えないと。

今思えば何も考えずに走ってきた今までが
どれだけ人生に対して真剣に向き合っていなかったか。

速く走れることはすばらしいこと。

だけどどのレールを走るかによって
たどり着くとこは全く違う。

そのことをしっかりと認識して確認して
よく考えて走っていきたいですわ。

人生一度きり、しっかり

終点に向かって走りまっせー。

スクリーンショット 2015-07-19 8.47.22