カテゴリー別アーカイブ: 世界一ゴキゲンな引き寄せの法則の使い方

大学を中退して起業してゴキゲンな人生を掴んだ男が大学に効率な過ごし方を語る

最近、学生の子からよく相談される機会が
あり、昔をたまに思い出す。

僕はドロップアウト組だ。

「自主卒業」という用語を作って、カッコよく
辞めたのを今でも覚えているし、退学届けを
提出した日に、311の震災が起きたのはもはや奇跡に近い。

当時、大丈夫なの?と何名もの友人やに
心配されたが、今はなぜか僕が心配する
立場になってしまった。

起業することは、今でこそブームに
なりつつあるが、当時もまだ少なかったので
確実に変人だったしアウェイだった。

大学を辞めようと思ったキッカケは
違和感だけだった。

大学に入って即感じた。

「自由に何でもできる。」

というイメージの大学生だったが、その真の意味での
自由を運用しているセンスのいい大学生が
いなかったのだ。

だから、当時、たまたま友人から紹介された
mixiでひたすら自分がカッコイイと思える
先輩に出会うようにした。

理由は分からないが、おそらく、人生の
サンプルを求めていたのだと思う。

この経験は間違いなく、今振り返ると
僕にとって大きな決断の糧になっている。

なぜなら、たくさんの人生のサンプルや
イメージが知ることが出来てきたからだ。

A面とB面知れたのもこの頃だ。

そして、成功やビジネスという結果を
複合的に見ることが出来、その人生の
ポジションもなんとなく理解できた。

こういう風にいくと、こうなるんだなー。

というイメージがたくさんできたので、
自分のチョイスを間違えなくなったし
優先順位が見えた。

だいたいの大きな問題の根源は、家族関係。

または、人間関係だということもわかった。

やはり、身近な人間関係に問題がある人は
嘘をつくし、一時的にはよく見えても、
時間軸を重ねる度に、その方の矛盾に気づくようになる。

思考と行動と感情が一致していないのだ。

実は、これは本人がイチバン苦しい状態。

僕は、人と会った時に、その方の無意識時の表情
をよく観察する(上記を知りたいからである)。

巧みなトークは、アウトプット数に比例するので、
あまりそこに価値は置かない。大事なのは、その
裏側にある部分だ。

職業柄、たくさんの方に会っている人は、
なんちゃって笑顔が自然に出てしまうし、
言葉が先行して、対して思っていないのに、
それなりのことを話してしまう。

なので、僕は待ち合わせ場所でその方に
会う前に、遠くからその方の表情などを観察
していたし、その言語化された情報の裏側に
ある部分をつねに見るようにしていた。

こうやって書くと、アクドイ奴に思われるかも
しれないが、これは護身術であり、無一文な
もみあげが濃い大学生だった僕が僕である
ために学んだ教訓だ。

当たり前だが、完璧な人などいないことも
理解できたし、幸せとは、お金だけでは
ないことも理解できた。

また、年収ステージ毎のパターンもわかることが
できたし、コミュ二ケーションの仕方で、
その方の大よそも理解できるようになった。

年収1000万〜3000万ぐらいのステージの方は
それなりに、自己承認欲が埋まっていない場合が
多く、自己顕示欲が強い。

なので「俺が!」や「自分は」という焦点が
自分にあたった会話が多いし、そのような会話が
大好きである。

見栄えも派手だし、いいように思われたいと思う
行動をする。

これ以上になると、またちょっと違う。

特に億以上とっている人は、至って普通の方が多い。

なので、一見分からない。

いや、正確にいうとそれなりに普通にしていているのだ。

この理由は、ボクもビジネスを始めて途中で気づくが
大きなビジネスを行うには、才能溢れる方がマストで
あるからだ。

「自分がイチバン」の状態では、天才は自分のところに
やってこないし、育たない。

なので、その天才に好かれる自身になってしまうのだ。

会話もこのレベルになると、概念的な話や、
相手にフォーカスを当てた話が増えてくる。

「君はこれについてどう思っているの?」

「僕は、今こういったビジョンを描いているのだよ。」

このように、一緒にいて流れる時間がちょっと
異なる。そして、不思議とその方の近くに自然に
いたくなるのだ。

今思い返すと、幸せホルモンであるセロトロンが
大量に出ていたのだと思う。

(続く。。)

……

さて、珍しくいつもと違ったテイストで執筆したが、
これは、ボクの自己満足であり、日記に近い。汗

だから、あなたからの意見を聞いてみたい。

もし、このようなボクの思い出横丁であり
教訓を今後も見てみたい場合は、本コメントに
返信いただければ幸いだ。

感想は、「いぇい」だけで十分だ。

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

自己啓発3.0~引き寄せの法則時代の終幕~

河本です、

「自己啓発3.0の時代が到来したな。」

と最近つくづく思います。

「河本さん、何ですか?それ?」

と思われてしまうかもしれませんが、
いわゆる普遍とされていた成功法則の
概念が大きく変わるということです。

これは非常に重要なテーマですので、近々、
ビデオでシェアさせていただきますが、

「時代の変化」

「国民の意識レベルの上昇」

により、これからの時代に通用する
(うまくいきやすい)考え方などが
変わってくるということです。

元々、自己啓発(自分を高めて、自己実現していく
という考え方)は、ナポレオンヒル氏の

「思考は現実化する」

を筆頭にアメリカから世界的にブームに
なりました。

時代も時代でしたので、それなりに
浸透したのでしょうし、意識がまだ
「権威」にございましたので、それなりに
信じられたのだと思います。

また、その後、1960年代に、マズローの
五段階欲求にて爆発的に広まっていきました。

そして、この時期に「自己啓発を国民がすれば
世界は変わるかもしれない」と思った人たちが
いくつかの機関を立ち上げ、研究を始めながら、
広めていく活動をしました。

ここから一気に世界中に広まっていきました。

ちょうど、日本に輸入されてきたのも
この時期であり、70年代に、米マルチ商法の
企業向け研修プログラムを応用したものが
たくさん売られるようになりました。

いわゆる、合宿系と呼ばれるものであり、
過度の体感をさせ、強制的に人格を変える
類のものです。

この時代のものは、イケイケオラオラ系の体育会系の
ものばかりですので多々問題が起きてきました。

そして、その後に、7つの習慣や
アンソニーロビンス氏などにより
「自己実現」がさらに身近になって
いきました。

ちょうど、私自身が人生を変えることに
興味を持ち始めたのもこの時期です。

これらは、「自身を変えていくと世界は
変わっていくよ。」というメッセージの
ものですので「環境」が整っていた人に
とっては、うまくいったと思います。

そして、その後「引き寄せの法則」が爆発的に
流行り、自分を磨くことから、「ありのまま」
「自分らしく」「引き寄せる」ということに
人々の意識が向かうようになりました。

ちょうど、この時期は「インターネット」が
爆発的に普及している時期でしたので、
実際に自己実現している方が身近になり、

(オンラインで拝見できるため)

なんでも「情報」が手に入るということが
私たちの生活に根付き、その恩恵を生かして、
人生を変えた方が多いのも事実です。

「河本さん、結局、何が言いたいんですか?」

と思われてしまうかもしれませんが、
私は、

「自己啓発をするな!」

と否定しているわけではございません。

私自身も、それらの書籍により救われ、
今があるのは事実です。

ですが、時代がものすごい勢いで変わって
きているので、「意識」すべきことも
変わってきているということなのです。

つまり、時代とともに変わってくるのです。

基本的に自己啓発は、「自分」に
フォーカスを当ててくれるものばかりです。

ですので、自身のことを知れたり、表現
できるようになったり、目標達成に
向けてのプラニングができるようになりますが、
これは環境が良かったことが前提としてある話です。

例えば、自身がどんなにスキルを磨いても
目標達成に向けてのプラニングをしても
お勤めの会社が、あなたの事を評価する
仕組みがなければ、(公務員なども。)
その努力は報われることはないのです。

※公務員を否定しているわけではございません。※

個人的な意見としては、誰かが敷かれたレール
疑いもせずに走っていけば報われる時代は、
かつての「自己啓発」は通用したと思いますが、
現代社会のように、敷かれたレールを進んでも
報われるか?の保証のない時代において、
かつての「自己啓発」は古すぎるのです。

なぜなら、環境がよくないからであり、
報われる仕組みが用意されていないからです。

ですので、突っ走っても、報われないどころか、
レールが間違っていれば、その先に幸せな未来
はないのです。

「河本さん、引き寄せ使って引き寄せれば
いいのではないですか?」

と思われてしまうかもしれませんが、
「引き寄せ」に関しても量子力学の観点から
考えても、そもそもの環境とレールが悪ければ、
効果は半減すると考えています。

ですので、新しいスタイルを学ぶ必要が
ありますし、変化が早い時代を逆手に捉え、
センスよく引き寄せていく必要があるのです。

私自身、これからの時代に必要なスキルは

「運用」

だと思っています。

これは、資産運用だけに限らずです。

恋愛でも、仕事でも、プライベートでも、
健康でもすべて「運用」というスキルを
持っているか?いないか?では未来は
大きく変わります。

私自身、資産運用もしていますが、

(多分、国内では入手不可能な)

それ以上に、自身の周りにあるものをすべて
運用しています。

ですので、最近はiPhoneを1万弱で手に入れましたし、
今年もビジネスクラスに十数回乗りますが、ほぼ
タダみたいな金額で搭乗できます。

また、妻というパートナーともお互いの人生を
運用しあっているので

(言い方が悪いですね。。)

妻にとっての「妻」というセルフイメージ、
「オンナ」というセルフイメージ、
そして、「母親」というセルフイメージ、
「起業家」というセルフイメージを、

すべて偏ることなく、バランス高め年々、
幸せな人生を引き寄せる仕組みもすべて
作っています。

言い換えると、「運用」とは、今あるものを
最大限に活用する力のことです。

ないものを引き寄せるのが、
「引き寄せ」ですが、あるものを
最大限に活用するのが「運用」です。

私はこの二刀流使いなので、引き寄せながら
オトクな人生をエンジョイしています。

この運用、いわば、あるものを最大限に
使いこなし、活用するスキルがあれば、
足りないものをあえて引き寄せようと
せず、あるものを使って引き寄せていく
ことが可能になるのです。

さて、長くなりましたが、新年に主催する
セミナーではこのあたりをタップリ
シェアさせいただきますので、ぜひお楽しみに!

ぜひ、センスのいい生き方を送って
最大限にあなたの時間を楽しんでいきましょう。

モチロン、あなただけの世界一ゴキゲンな生き方を。

⇒はい、セミナーに参加します!

河本

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

落ち込んだ時の超効果的な対処法

河本です、

「河本さんって落ち込むことってないんですか?」

という質問をたまに頂戴します。

モチロン、人間なので有ります。

最近は、「幸せボケ」しすぎているので、
特にネガティヴな出来事にはそれなりに
免疫が落ちています。

※僕にとってのネガティヴは想定外のことで
あり、自己否定されることがメインです。※

今年は、家族が出来て、本当に幸せイッパイで
いいことが起きるような仕組みを作っていた
お陰もあり、それなりに1日で特に意識しなくても
ゴキゲンな出来事が多かったです。

ですので、先日、ビミョーに忘れようと思っても
スルーできないことがあり、モヤモヤしていました。

幸せの基準値があがっていると久しぶりにちょい
心に残る嫌なこと?(自己肯定感を覆されるもの)
が起きることがこびりつくようです。

でも、不思議と僕の妻も同じような状況だった
ようで、幸せの基準値の話をして盛り上がって
いたらスッキリしました。

気がつくと忘れていましたし、腹を抱えて笑って
いましたし、またその事件を俯瞰的に見ることが
できました。

ですので、私の場合は、信頼できる「人」に
シェアすることがほとんどのようです。

自身で解決できればいいいのですが、
情動が邪魔をして冷静に把握できていない
場合が多いので、一度、言葉として「外部」
に出すことで冷静に見れると思うのです。

ですので、ネガったら(ネガティヴがおきたら)
即シェアと決めているので、僕は常に前に進める
ようです。

この事件から、私なりにネガティヴ事件の
勃発度について考えて見ました。

今の時代は、かつてないほど感情が揺さぶられる
出来事が1日の中に多く起きる時代だということです。

これは、テクノロジーの発展に起因しますが、
自分を経由する回線(物理的な意味合いだけでなく)
が増え、その分、自分に経由するものも増えたと
いうことです。

フェイスブック、ライン、検索エンジンに
何気なくタイプした単語から脳にシツコク
こびりつく情報…

これらにより、毎日の事件発生率
(感情が揺れ動く想定外の事件)は、
間違いなく増えたはずです。

モチロン、いい出来事ならハッピーでしょうが、
それなりに悪い出来事でしたら、かなりキツイ
と思います。

すべて、メンタルと思考で解決出来、一瞬で
忘れらればいいのですがそう簡単に除去でき
なかったり、忘れられないのが僕たち人間です。

ですので、下記の要素が大事になってくると
思っています。

「リリース先」

「出来事フィルタリング能力」

です。

リリース先は、事件をシェアする場所と
その事件を冷静に検証できる場所です。

僕の場合は、恥ずかしいですが、妻が
その場所です。
(いつもありがとうございます。)

また、出来事フィルタリング能力は、言い換えると
自身の体内に忍びよるネガティヴなものを
極力フィルタリングして、少なくする技術です。

浄水器が浄水しているように、嫌なことや考えても意味の
ないネガティヴを自然に除去してくれるネガティヴ除去
をしてくれるフィルターを自身の生活に取り入れること
だと思います。

さて、これに関しては、話すとかなり長くなりますので
近々、開催する下記セミナーでシェアしたいと思います。

ミスターえむ。あくどいなー。

⇒ゴキゲンな人生を引き寄せる人生設計の秘密;

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

超お得な人生を引き寄せる運用者という生き方


河本です、

2018年1月6日(土)13;00〜18;00

に都内で久しぶりにセミナーを開催します。

都内でのセミナーは1年ぶりなので
非常に楽しみです。

今回のテーマは、

「運用者という生き方」

に関してです。

一言で言うと

「どうすればお得に生きれるのか?」

ということをトコトンシェアさせて
いただきます。

現代社会は、インターネットなどのテクノロジーの
発達により、簡単にモノや情報が手に入りますので
良い意味でもチャンスだらけですが、逆をいうと
かつてないほど、あなたの24時間に色々なものが
自然に入ってくるようになってしまうので、
ある意味、脳内がパンクしている時代です。

それなりに生き方に関しての考えやルールがないと
たくさんのインターネット上に存在する魅力的
なものに常に惑わされ、常に、何かに四六時中
iPhoneに通知されるLINEの通知や、facebookの
メッセージなどに振り回され、十分に今
目の前のことを楽しめくなっているのもの事実です。

つまり、インターネットが出てきたことにより
センス良く取り入れ、さらに人生をゴキゲンに
する人たちがいる一方、それなりにインターネットに
振り回され、結果、損ばかりしてしまうこと
が非常に多いということです。

これは、金銭面だけに限った話ではなく、
赤の他人の極端な意見をマトモに
信じてしまい、自身の直感や思考力などが
養われるチャンスを奪われてしまったり、
実際に動いて失敗するチャンスを損失
してしまうことも含めてです。

おそらく、戦後、全くモノや情報などが
ない時代から、急速的なスピードで社会が
進化したため、私たち、日本人は受け取る
ことが生き方の主体、かつ常識になり、

「もらえるものはもらっておこう」

が私たちの行動指針を決めてしまっている
からではないか?と思います。

しかし、食べ物などと違い、インターネットを
通してやってくる情報には満腹中枢も制限も
ございませんので、トコトン受け取るハメに
なってしまいます。

これでは、受け取るばかりで消化どころか
咀嚼している時間もございません。

ですので、ネットを通して、活用どころか、
次々に出てくる最新情報に振り回され、
支配されてしまうだけの毎日で終わってしまうのです。

これでは、便利になったとは言い難く、
一見一時的に「得」そうな風だけど、
人生単位で見たら、「損」している方が
非常に多いのです。

また、かつての時代の日本とは違い、
今は、それなりに時代の変化が早く、
世界の動きもとてつもなく激変していますので、
私たちが注視(熟考)しなければ
いけないことも増えてきました。

例えば、仕事などもまさにその一つです。

今までの日本は、それなりに光に迎えるルートが
用意されていたので、環境もそれなりに
良かったでしょうし、国や政府が自身の人生
のことを真剣に考えてくださった時代でしたので、
会社でガムシャラに働いていれば報われる時代でしたし、
そのルートに乗っかっていれば損しない時代でした。

それなりに、仕事だけをガムシャラに一生懸命
行っていれば、何とかそれなりに家族で幸せに
生きれる時代でした。

しかし、時代は大きく変わり、ガムシャラと
いう言葉も現代社会では通用しなくなりました。

厳しいですが、かつての時代のようにガムシャラに
働いても報われない時代なのです。

他にも、自然災害が多い日本では、地震や
放射能などのリスクも多々あり、住居環境も
考えなければならなかったり、老後の貯金も
考えなければならなかったり、子供の教育、
親の老後など、様々なことを真剣にそれなりに
マトモに考えなければ、長期的に幸せに生きれる時代
ではなくなってきてしまったのです。

さて、暗い話になってきたので話を
明るくします。笑

しかし、このような時代にも光は必ず、
存在し、私の周りを見ても、この激動時代に、
それなりに幸せに生きて人生を謳歌している
人たちは多数いらっしゃるのです。

彼らは、ガムシャラとは程遠い生き方や
思考をしており、どこかのルールに縛られる
ことなく、「裏ワザ」に長けていて、物事の
良い部分をほどよく生活に取り入れ、センス
よく生きている人たちです。

「ヒト」が作ったものはカンペキなものは
ないので、その「穴場」を常に見つけだし、
抜け道を常に生かして、光をさし続ける生き方
をしている人々です。

家族で世界中の好きな場所で暮らし、
好きなことだけをし、世界の情勢を先読みし、
お得なことやチャンスに愛され、それを
うまく循環し、また新しいものを生み出していく人たち…

僕は、彼らを「ゴキゲンな運用者」と名付けています。

運用という言葉を聞くと投資でお金を増やす
イメージを持つかもしれませんが、私は、
運用という言葉は様々なことに応用できると
思っています。

特に時間の運用は、最大限に人生を楽しむ
ために、お得に生きるため重要なことだと
思います。

過去の時間と今の時間を捨てるのではなく、
今の穴場を見つけ出し、俯瞰的に人生や
世界を把握し、最大限に「運用」し、
未来をゴキゲンにしていくスキルです。

今の時代、幸せに生きていくのに必要なのは
間違いなく、センスでしょうし、流れや全体を把握し、
物事をそれなりに捉え、取り入れるだと思います。

また、前述した通り、物事をそのまま
見つつもどこかでそのカンペキを疑い、
穴場を見つける力でもあります。

さて、というわけで近々、このような運用者と
いう生き方を実践するためのセミナーを開催
しようと思います。

また、近々、メールマガジンでシェアする予定
ですが、おそらく、モミアゲ効果で即満員御礼になる
可能性が非常に大きいので(昨年はそうでした。)
下記より優先案内フォームを準備させていただき
ましたので楽しみにしていただければと思います。

【無料】ゴキゲンな運用者という生き方案内フォーム;
 

河本

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

無意識や集合意識のシステムを理解して爆速で夢を叶える方法

河本です、

今回は

「無意識や集合意識のシステムを理解して
爆速で夢を叶える方法」

をシェアします。

今の時代、かつての時代と大きく変わり、
様々な方の意識がインターネットの登場に
より飛び交う時代になりました。

つまり、かつてないほど「個人」が
自身の人生を充実させようと自身の
意識を活用しようと目指す時代になったのです。

これはミクロの視点で見ると大変素晴らしい
ことだと思いますがマクロの視点で見ると
いくつか大きく変わることがあるのです。

今回の「潜在意識」もまさにそのマクロの1つです。

既にご存知の通り、「潜在意識」は
根底で繋がっていて共鳴しあっています。

しかし、今の時代、多くの方がこの潜在意識の
システムを理解し始めたので少しずつ集合意識
の向かう場所が変わってきたのです。

さて、そんなわけで今回は、この個人個人の意識が
大きく変わるこの時代に

「いかにして夢を叶えるか?」

に関して僕なりに語りましたので
参考いただければと思います。

爆速で夢を叶える技術;

河本真

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

収入アップだけでなく人生を幸せにしてくれる究極のスキル


22歳の時に、尊敬する先輩にあるアドバイスを
いただいた。

「社員を雇うか?雇わないか?でそいつ
の成長度って決まるんだよなー。」

当時、会社を立ち上がたばかりだった僕は
その意味がわからなかった。

ただ、父が病気した直後だったので、
自身の家族(母)の食い扶持を作るように
自分の親が安心して生活できるように
動いて実際にその経験から自身のレベルが
上がっていったのが分かっていた。

この時学んだのは、自分のことが精一杯の
状況でいかに、人のために動けるか?で
自身が急成長できるということだ。

僕の場合は、はじめて、自身以外の食い扶持を
作るという経験から、その方の未来や理想の
ライフスタイル、正確に聞き出し、
現在あるリソースを最大限に活用し、
性格にあったモデルを作るというスキルを身につけた。

信頼できる天職だと思って仕事をしている
専門家に頼るということもこの時期に
覚えたのを覚えている。


そして、時期に社員やチームと関わるよう
になり、気づいたら、今だけでなく、今後も
幸せになってほしい、時間軸を共有したいと
思える人が相当増えていた。


この人たちの食い扶持を作り、活躍できる
フィールドを作ろうという思考が常に四六時中あり、
その思考が自身を大きく成長させてくれた。

そして、妻で出会い、結婚し、またまた
成長できた。この人と最高の家族を作おうと
決意し、自身の子孫たちが長期的にサバイブ
できるような仕組みや環境を作ることを決意し、
その準備をスタートしていった。

強い芯ができ、ブレることがなくなったし、
この時期から、見極めがうまくなってきた。

ガムシャラに動くというより、タイミングと
やるべきことの見極め。確信。

そして、その将来の環境を準備している過程で
出会ったのが今の先生と最高の先輩方だ。

自身のために動いていない時の出会いは
いつも素敵な出会いばかりだ。この出会い
により自身のビジョンへの道筋が一気に
見えた。

そして、最愛のジュニアの誕生。

益々、成長させてもらっている。
日に日に何かを学び、スクスク大きくなる
彼をみていると

「一緒に成長しようよ。」

とボクに対して微笑みかけているように見える。

ここ1ヶ月この子のおかげで、またまた自身の器
が大きくなってきたのがわかり、今朝、冒頭に
あげた先輩の言葉を思い出した。

「一見自身にとって全くメリットのない人を
救える力」

あの先輩の言葉はとてつもなく深く、
時たま自身の人生によく出てくる。

いま思えば、センパイは僕に伝えたかった
のかもしれない。

そして、今俯瞰的にみてみると確かにこれを
持っている人は間違いなく成長しているし、
これを構築しようとする人は間違いなく、
大きくなっている。

今、自身が一緒に仕事したいという方もしている
方も間違いなく、「人のために動ける人」であり
上記に近いものをもっている人ばかりだ。

例え、現状がどんな状況であれ。

今、僕が尊敬しているビジネスパートナーも
18歳ではあるが、彼も若くして、この力を持っている。

だから応援者がとてつもなく多い。すごいなー。

ニンゲン改めて年齢じゃないと再確認。

さて、ボクも次の世代に繋がるように
時空を超えるメッセージと環境をもっともっと作り出さなきゃ。

バトンを繋いでいくって幸せだなー。
 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

自動セロトニン放出装置の作り方(幸せな人生を送る方法)


最近、それなりに「幸せ」に関してよく考えます。

そもそも幸せの定義は、人によって違うわけ
なので、あくまで僕自身の勝手な考えでは
ありますが、所謂

「無意識状態(意識的に幸せだなーと思わずに
感じている状態)」

でそれなりに「セロトニン」などの幸せホルモン
がそれなりに出ていて、なお今後の時間軸に
おいても出続けるであろうという状態が
僕にとっての幸せなので、この状態を作ることを
ここ数年極めていました。

(先日も血液状態をチェックしましたが、
やはり永遠のティーンエージャーでした。
若いね。モミアゲ以外は。)

さて、その状態を作り出している要素は、

「自己評価」「無償な愛の交換状態」
「程よい質の高い友情」「社会的評価」

で成り立っているように思う。

特に、関係性を大事にするジャパニーズに
関しては上記のファクターのどれかが
関係している方は多いではないのかなーと。

自己評価とは、所謂、自分で自分を認め、
自分の事を愛せる力。

自己愛とも言いかえることができるかも。

でも、これだけでは24時間の

「無意識幸せ度数」

は上がらないし、これだけ

「満たされているから幸せです。」

という自己啓発大好きな人と実際に
長い時間触れていても心底幸せそうには見えないです。

やはり、ここで次のファクターである
家族関係が出て来るわけです。

家族愛的な無償な愛は、親が子を思うような
見返りのない愛を感じているかどうか?

これは、双方向において愛が常に行き来してい
る状態が求められる。

(ここが足りない日本人が多いので著書は
あのテーマになりました。)

これがあるとそれなりに「つながっている」
感があるので、毎日に質が格段に上がる。

そして、次。

程よいセンスのある未来が共有できそうな友人。

最近、この重要性をよく感じます。家族が出来ると
友達付き合いが一気に減るが(いつもお誘いくださる方々
すいません。)しつこく誘ってくれる方も多く、
でもこれは実は、物凄く幸せなことだと思います。

家族ではない他人だが、ほど良い距離間で共有ゾーンに
入ってきてくれ、愛とは違う部分での共有がたくさん
できます。

自分はオトコなので、刺激や未来を
もらい、与えている場合が多いです。

そして、最後のファクターが「社会的評価」。
社会という大きなくくりから自分の存在を認めて
もらえていることで自分を愛せているかどうか。

男性は、ここが好きだから、ステータスには
弱いし、そこを目的にする。

僕もココは、大好きなので、ステータスをキープしつつも、
社会的評価が得られる仕組みを作っている。

まだ、自分の人生で実験中だけど、
この4つのファクターを常に意識すると、
それなりに時間の質が上がり、24時間の中で
幸せホルモンが出る量が自然に増える気がする。

人間はみんな何かが欠落していて、

何かが突出してる。

でもそれを受け入れて、バランスを取ろうと
するから幸せなんだと思うし、それを人と
組み合わせるからハッピーが続いていくのだと思う。

そんな8月のとある日でした。

写真は、昨日作ったプロテインパンケーキ。

最近、生活のセンスが上がっているなー。(多分)

 

IMG_7428

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

祝勝会-20代の目標達成-

先日で20代の目標もほぼクリアーしたので、祝勝会をしています👍👍

22歳にたてた計画よりも思ったよりイメージの外側にいけました🌴🌴

そして、、久しぶりに飲んでいるけど頑張った後はキモチー🎉🎉

何より頑張った自分とその光のお陰となってくれた方々にお礼計画をしっかりスケジュールに埋め込みました🎁🎁

間違いなく、大きな意味での光と陰が理解できるようになったことが大きいし、これがちょっとずつ腑に落ちるようになってから一気に物事が進むようになった。

モチロンまだまだだけど😎😎でも周りには未来を共有したい最高のメンツがいる。これが最高に幸せだなー。

あーもっと器の大きなオトコになろう!さぁやりますぜー
___________________________
#lovelyday 
#人生 
#自己投資 
#夢 
#夢は叶う 
#引き寄せの法則 
#lifestyle #instapic

 

IMG_7316

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

Mr.Mが最近こよなく投資している謎の案件とは?

🗿🗿最近投資しているもの🗿🗿

僕が一番投資しているもの(量ではなく意識面で)は、

間違いなく流れをよくする作業。

経済活動も含めて全ては流れがいいほうが自然界の流れにマッチしている。

なので血液の循環にもかなり投資し、

何より人間関係の循環には特に流れをよくする工夫をしている。

お互い言いたいことが言えない状態が続くと流れがいい状態とは言えない。

この関係性は長く続くこともないだろうし、プロジェクトどころではないと思う。

だから必ずチームや組織、モチロン家族関係では

絶対に溜め込まない、抱えない、話せる循環の仕組みを作っている。

そしてこの循環がいいとかつてないほどのパワーが

発揮され想像を超えた結果が出ることが多い。

あー最近はマジで朗報ばかりゴキゲンだー。

もっといい循環作るぞー😎💪🏽😎💪🏽

今日のWebセミナーでもその辺話しますのでお楽しみにー!

 

IMG_7261

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33

日本人の遺伝子を利用して確実に夢を叶える極意~最新の研究結果で分かった引き寄せの法則の奥義~

河本です、

それなりに世界に出て海外を見るようになってから
分かったことがあります。

それは、

「日本人の遺伝子」

「海外の方の遺伝子」

は異なるということです。

最近流行った

「シリコンバレー式の食事法」

も試して痩せた人もいれば、全く効果が
無かった方もいらっしゃりますが、これは
まさに「欧米」の遺伝子にマッチした
メソッドであって私達「日本人」にマッチした
メソッドではないからなのです。

つまり、現在、たくさんの情報が出回っていますが
その一見凄そうな情報のソースが「海外」の
場合は、慎重に吟味する必要があるのです。

さて、これは「成功法則」や「引き寄せの法則」
においてもいえます。

これは、最近教えてもらったのですが、
日本人は所謂ノーマルな「目標設定」が
苦手な遺伝子なのです。

さて、今回は、そんな日本人にマッチした
夢の叶え方を公開します。

日本人のDNAを操作して夢を叶える極意;
 

 

河本真

 

 

 

スクリーンショット 2016-12-03 8.31.33